space
ゼロ展


| 出品作家 |  作品募集要項 | コンセプト | 公開講評会 | 申込書宛先・お問い合わせ先 |

出品作家

阿部つぐみ イケ志保 石澤 実 石山金孝 石山拓真 市川知子 岩城美果 遠藤貴絵 おおくぼひでたか
大須賀律子 大館鳳鳴高校美術部 貝森正利 加賀谷時代 金沢研悦 川崎由紀 河田みほ子 金藤みなみ 
九島次彦 黒沢晃一 後藤仁 小林嗣昌 小林照美 小林博文 小林 誠 今野奈香 斎藤あづさ 
サイトウタクヤ 櫻井嘉八 佐々木綾 佐々木優真 笹森美代子 里村真理 スミス 高橋智朗 田中淳二 
棚谷貞光 谷林めぐみ 槌間七恵 成田陸雄 虹 絵美 野宮麻美香 畠山陽子 原田栄子 
ハリマ大王国IN 仙台 日見津世 藤林 悠 船橋陽馬 古川聖子 本城奈々 松岡伸一 松橋篤子 松橋功雄 
松渕得雅 松村六也 三ツ倉利晃(traffic)+ 柴田慶信商店 宮本晴美 村上美樹 八木橋秀一 八木橋力人 
柳原まどか 山内悦子 山岡可恵 山岸礼彦 吉原 済rikimaro monge mto

作品募集要項

募集作品ジャンル
1.平面 ※絵画、版画、写真、書道、俳句、グラフィックデザイン、イラスト、CG等
2.立体 ※彫刻、手芸、陶芸、工芸全般、プロダクトデザイン等 
3.インスタレーション
4.映像
5.その他(パフォーマンス、ダンス等)

募集条件
○自らの社会的責任において制作、表現、展示できる方なら、誰でも無審査で出品、展示することができます。
○映像作品は、再生機器やモニタ等も含めて搬入、展示を行って下さい。(プロジェクター使用不可)
※運搬、搬入出、展示時の作品の破損等は事務局では責任を負いません。また、悪臭、火気使用等、危険とみなされる作品は展示できません。
※作品設置に台座、機材等が必要な場合は、各自で用意して下さい。

サイズと出品料の規定
①小サイズ 1,500円
 平面6号(40.9 × 31.8cm)以内
 幅30×高さ40×奥行き40cm以内、重量25kg以下の作品
②基準サイズ 3,000円
 平面 120号(193.0×130.3cm)以内
 幅150×高さ200×奥行き100cm以内、重量200kg以下の作品
③大サイズ 5,000円
 平面120号(193.0×130.3cm)を超える作品
 幅300×高さ230×奥行き150cm以内、重量200kg以下の作品

※ただし委託搬入の場合はサイズに関わらず、梱包状態の幅×高さ×奥行きの合計が160cm以内、また重量25kg以下とします。
※組作品(複数の作品で1つの作品を構成するもの)やインスタレーションの場合も上記サイズ内で構成して下さい。

募集締切:9月24日(月)【必着】
支払方法: 募集締切日後、速やかに受付証と共に口座振り込み先をお送りします。

搬入・展示
<搬入> ○ 自己搬入、 自己設営期間 10月4日(木)5日(金)12:00~18:00
※困難な場合は相談に応じます。また搬入や会場についての詳細は募集締め切り後にお知らせいたします。

<搬出> ○ 自己搬出 10月15日(月)16日(火)10:00~18:00
○ 委託搬出 料金着払いで返却致します。
※自己搬入出の方は、当日もしくは期間内に運営スタッフの指示のもと各自行って下さい。
委託搬入出の作品は、ゼロダテ/大館展 実行委員会事務局で行います。

留意事項
○ 展示期間に限りがあるため、先着順に募集を締め切らせて頂く場合があります。
○ 作品の取扱いは慎重かつ丁寧に努めますが、搬入出時、また会場での展示による作品損傷、事故等については責任を負いかねますので、ご了承下さい。
○ 起動と終了の操作が必要な作品については、その操作を容易なものにし、操作説明書を作品送付時に必ず添付して下さい。
○ 著作権は全て出品者に帰属しますが、管理、記録、メディアへの情報提供のために展示作品を撮影する場合があります。

応募方法
● 1作品につき1枚の申込書に記入し、下記を同封の上、封書にて申込書宛先までお送り下さい。
● 同封するもの
1.80円切手を貼付し、氏名、住所を記入した返信用封筒
2.出品作品の全体が写った写真(A4サイズ、カラー出力が望ましい)
3.展示プラン(下記の内容に該当する場合、詳細を出来る限りご記入下さい。)
 作品ジャンルが3.インスタレーション、5.その他(パフォーマンス等)に該当する場合。
※ 提出頂いた展示プランは返却いたしません。

 

ゼロダテ/駅前美術展2012

ゼロダテ/駅前美術展
http://www.zero-date.org/ekimae2012/

ゼロ展

募集内容等 PDFはこちらから
http://www.zero-date.org/news/upfile/zeroten2012.pdf

 

コンセプト

ゼロダテ/大館展は2007年に秋田県大館市において商店街美術展として始まり、2010年に無審査で誰でも出品・展示することができる展覧会「ゼロ展」を開催しました。
今年で3年目を迎える「ゼロ展 2012」は、同時開催されるゼロダテ駅前美術展の商店街空き店舗会場に加えて、「本場大館きりたんぽまつり」の隣接会場で行うことで、多くの方々に鑑賞頂ける展覧会です。また、作品を一般に広く公開するだけでなく、著名な講師による対話型公開講評会に参加することで、作品の意味や理解を深め、今後の制作活動やキャリアのステップアップにもつながります。
アートの可能性を探求し、新しい自分の表現を見つけ出しましょう。

会場

「ゼロ展 2012」会期/会場
①:10月6日(土)~10月10日(水)
木村ビル 秋田県大館市御成町2丁目5-1(御成町二丁目商店街)

御成町二丁目商店街振興組合駐車場または
ジャンボグリーン駐車場をご利用下さい。
大館駅前からは徒歩5分。

②:10月13日(土)〜10月14日(日)
大館市樹海体育館
秋田県大館市上代野字八幡岱29-4(大館樹海ドームとなり)

本場大館きりたんぽまつり巡回バスが
大館駅前または大館商工会議所から15-20分おき
に運行しております。13日17:00以降は30分おき。
http://tanpofes.com/access

※①と②で会場が違うため、10月11日、12日に事務局で作品の移動を行います。

募集締切:9月24日(月)【必着】
出品料:1,500円、3,000円、5,000円
(作品のサイズによって出品料が異なります。)

募集チラシ(申込書)のダウンロードはこちらから

対話型の公開講評会
アートに関わる著名講師が、あなたの作品について語る!
日時:2012年10月13日(土) 12:30〜15:30
場所:大館市樹海体育館 参加無料(誰でも講評を聞くことができます!)

講評会ゲスト
岩井 成昭|Shigeaki IWAI
アーティスト
1962年東京都生まれ。1989年東京芸術大学修士課程修了。1990年より音声やノイズなどを収集し、ギャラリー空間に再構成したサウンド・インスタレーションを連続して発表する。90年代後半からは人と社会の関係性にテーマを求め、主に欧州・豪州・東南アジア、そして日本における多文化状況の調査を通して、ビデオや音声、書籍などによる作品を制作。2009年度から日本では初めての試みとなる移民ミュージアムのパイロット・プロジェクトを東京都小金井市で推進。近い将来「イミグレーション・ミュージアム・東京」としての設立を目指している。
http://iwaishigeaki.com/jp/index.html

大谷 有花|Yuka OHTANI
アーティスト
1977年神奈川県生まれ。2001年多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻を卒業、2003年多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻を修了。同年、VOCA展2003(上野の森美術館)で、VOCA奨励賞を受賞。ギャラリー、美術館などで展覧会多数。2010年 毎日新聞社主催「第二回 絹谷幸二賞」において、絹谷幸二賞を受賞。 2009年より、神奈川県相模原市のシティセールスサポーターとしても活動する。
http://www.i-c-arts.com/yuka_terrace.html

立木祥一郎|Shoichiro TACHIKI
キュレーター/tecoLLC代表
1962年東京都生まれ。東北大学文学部卒業。川崎市市民ミュージアム映像部門学芸員として映画製作、国際映画祭企画などを経て1994年から青森県立美術館準備室学芸員として美術館建設基本計画の策定、奈良美智、寺山修司などの現代美術や映像のコレクションを担当。同時期に弘前市吉井酒造煉瓦倉庫で奈良美智展を企画、観客16万人を動員・ボランティアスタッフのべ1万7千人を組織。2006年から青森県弘前地域研究所主任研究員として、プロダクトデザイン開発、地域ブランディングのプログラム開発を行う。2008年、クリエーターによる地域活性化をミッションとする、tecoLLC.を設立。2012年、10月6日から開催される混浴温泉世界2012のPR・ブランディングディレクターを務める。NPO法人 アートNPO LINK 副理事長。一般社団法人コミュニティシネマセンター理事。
http://www.teco-llc.net/

中村政人|Masato NAKAMAURA
アーティスト/東京藝術大学准教授
1963年秋田県大館市生まれ。都市に潜在する記号を高度に扱い作品化した『QSC+mV』等、国際的に高い評価を得ているアーティストであるとともに、「社会」や「教育」における美術の在り方に厳しく問いかけ、様々な地域に活動の場としくみを作り出す実践を重ねるアーティストでもある。1993年頃より「ザ・ギンブラート」「新宿少年アート」等、都市中心部でのゲリラ的アート活動をはじめ、98年、秋葉原にアーティスト・イニシアティブ・コマンドNを立ち上げ、様々な展覧会を企画するとともに、ゲストを招いてのトークセッション「powwow」を開始。99年、秋葉原の電気街をジャックした国際シティビデオインスタレーション「秋葉原TV」で秋葉原周辺地域との関係を深め「湯島もみじ」、「KANDADA」を経て、2010年に公設民営のアートセンター「アーツ千代田 3331」を立ち上げる。また、大分での「青空クリック」を経由して富山県氷見市での「氷見クリック」や「himming」、出身地の秋田県大館市での「ゼロダテ」などのプロジェクトを牽引。2011年6月、東日本大震災復興支援「わわプロジェクト」を立ち上げる。魅力的な空き家を見逃さず活動を連鎖させる才能を持ち、その努力を怠らない。
http://www.3331.jp/


ゲスト講師票、市民投票により選ばれた作品は、ゼロダテ アートセンター 東京(3331 Arts Chiyoda 2F 206a)、ゼロダテ アートセンター(秋田県大館市)、KITAKITA(秋田県北秋田市)のいずれかでの展覧会開催を支援します!


申込書宛先・お問い合わせ先
ゼロダテ/大館展 実行委員会事務局 ゼロ展係 宛
〒017-0841 秋田県大館市字大町9(ゼロダテ アートセンター内)
TEL/FAX:050-3332-3819 お問い合わせはこちらから

募集チラシ(申込書)のダウンロードはこちらから

過去のゼロ展の情報はこちらから


 

●同時開催イベント
ゼロダテ/大館展 2012 「つれづれつづれ」
ゼロダテ駅前美術展

会期:2012年10月6日(土)~10月14日(日)
会場:【大館市】JR大館駅前・御成町二丁目商店街 空き店舗等
   【北秋田市】JR鷹ノ巣駅・内陸縦貫鉄道鷹巣駅前 空き店舗等
主催:ゼロダテ/大館展 実行委員会
共催:ゼロダテ アートセンター 
助成:公益財団法人 文化・芸術による福武地域振興財団
http://www.zero-date.org/ekimae2012/

本場大館きりたんぽまつり in 樹海ドーム
秋田県大館市が誇る「きりたんぽ」を発信するイベント。
「食」はもちろん「歴史」や「芸術」のイベントを多数開催。
会期:2012年10月13日(土)14日(日)
会場:大館樹海ドーム
主催:本場大館きりたんぽまつり実行委員会
http://tanpofes.com/

 

ゼロ展2011 受賞作家
金沢研悦 KENETSU KANAZAWA
作品タイトル : 夢の中のピラミッド

ゼロ展2011 受賞作家
なくわ みれな NAKUWA MIRENA
作品タイトル : 「安堵」

ゼロ展2011 ゼロ展 アワードエキシビジョン
金沢研悦/なくわ みれな 二人展
3331 Arts Chiyoda 2F 206aゼロダテ アートセンター東京

ゼロ展2011 公開講評会の様子

ゼロ展2011 公開講評会の様子

 

 

本場大館きりたんぽまつり in 樹海ドーム
http://tanpofes.com/

 


| 作品募集要項 | コンセプト | 公開講評会 | 申込書宛先・お問い合わせ先 |

 

 

©2012 ZERODATE Art Project "0/DATE"